3C分析を正しく理解しよう!(マーケティング必須の分析方法)

マーケティング必須分析方法である3C分析を正しく理解しよう!

本セッションで学べること
・マーケティング必須分析方法である3C分析を正しく理解できる。
・3C分析を実際に活用し、ビジネスに活かすことができる。

「マーケティングをするときにどのようなことから始めたらいいかわからない」といった声をよく聞きます。

スバリ、マーケティングを行うために最初に行うべき分析はこの3C分析です。

どの業界でも必ず必要になる分析の3C分析について話をしていきます。

マーケティングの全体像を話している以下の記事の環境分析の部分になります。

マーケティング戦略の立て方はどうしたらいいのか。

2020年4月27日

※環境分析の方法は他にもありますので、後日記述します。

3C分析とは?

今回の3C分析はまさにマーケティング戦略を作るための分析方法の王道になります。

3C分析は自社、競合、顧客のそれぞれをリサーチし、戦略を考えるフレームワークになります。

以下の3Cをそれぞれ分析をすることで、企業を取り巻く外部要因である市場と競合、そして内部要因である自社を照らし合わせることで、何が自社の強みと弱みなのかが分かるようになり、マーケティング戦略成功の要因はどこにあるのかを明確にしていきます。

①client(顧客)

②company(自社)

③competitor(競合)

①client(顧客)を分析する

まず、3Cのclient(顧客)分析をするときには、ペルソナ設定をします。

ペルソナとは、「もっとも購入して欲しいお客の理想像」になります。

なぜ、このペルソナを設定する必要があるのか、
それは、顧客視点でのマーケティングか現在は必要不可欠だからです。

販売する側と購入する側には必ず、意識、考え、立場などにズレが生じます。

どれだけ、消費者の気持ちになってもなりきることができません。

だからこそ、あえて、特定の人(ペルソナ)を設定することで、その人の気持ちや立場に立って考えることでマーケティングを考えていくことができます。

この顧客視点のマーケティングを、マーケットイン思考と言います。

ここで、それを設定します。

設定する内容としては、
・基本属性
・行動属性
・自由属性

基本属性は、名前、年齢、性別、職業、年収など
行動属性は、趣味、休日の過ごし方、最近の悩み事、消費志向など
自由属性は、経歴、嗜好や行動の特徴など

それぞれを記載します。

そうすることで、どんな顧客を設定するのかを考えます。

次に、company(自社)を分析します。

②company(自社)を分析する

ここでは、SWOT分析を用いて、自社について理解を深めていきます。

SWOT分析とは、
・strength(強み)
・weakness(弱み)
・opportunity(機会)
・threat(脅威)
それぞれの頭文字をとった分析方法になります。

・自社の強みはなんなのか?
・自社の弱みはなんなのか?
・自社の商品やサービス、参入している市場の機会はどうゆうものか?(ポジティブ面の可能性)
・自社の商品やサービス、参入している市場の脅威はどうゆうものか?(ネガティブ面の可能性)

をそれぞれ分析することで、
これからマーケティングをしていく中で、どのようなことを前面に押してき、
どのような部分を修正していくのかということが明確になります

また、
・強み×機会を組み合わせて、強みを使い、より売上を上げるためにという考え方をする。
・強み×脅威を組み合わせて、強みを使い、どうしたら脅威をなくすことができるかを考える
・弱み×機会を組み合わせて、どう弱みを克服して、機会に変えていくのかを考える
・弱み×脅威を組み合わせて、競合(competitor)と競争していくのかを考える

をそれぞれ出すことで、全体的なマーケティングの戦略を捉えることができます。

最後にcompetitor(競合)の分析をしていきます。

③competitor(競合)を分析する

競合分析をする目的は言うまでもなく、競合(ライバル)の実態を理解し、どうやって競争に勝っていいくのかを考えるためです。

これは6Pという分析を方法を活用します。

①people
②profile
③price
④place
⑤product
⑥promotion

の6つの英単語の頭文字をとった分析方法で、差別化できる自社の強みを見つけるために行います。

それぞれ、このような観点で競合を分析します。

①people(ターゲット層、ペルソナはどんな人か)
②Profile(資本力、会社規模。、従業員数、設立年月日)
③price(価格帯、プラン)
④place(立地や販売経路はどういったところか)
⑤product(商品内容、サービス内容)
⑥promotion(どの媒体にどういった広告を出しているのか)

まとめ
・3C分析はマーケティングで最初に行う分析方法
・client(顧客)、company(自社)、competitor(競合)をそれぞれ分析する
・client(顧客)は、ペルソナを設定する
・company(自社)は、SWOT分析を活用する
・competitor(競合)は、6P分析を活用する
・それぞれ戦略を考えるために用いる

ここにキャッチコピーを記入

ここに説明文章を記述ここに説明文章を記述ここに説明文章を記述ここに説明文章を記述ここに説明文章を記述ここに説明文章を記述ここに説明文章を記述ここに説明文章を記述ここに説明文章を記述ここに説明文章を記述ここに説明文章を記述ここに説明文章を記述